Amazon.co.jp ウィジェット
スポンサードリンク

2009年01月12日

逆境の経営学

逆境の経営学」は、安部修仁氏にほれ込んだ日経ビジネスの戸田記者が3年間の取材を経て書いた本です。安部氏自身は、「現役経営者の間は、本業に専念したい。自分の本を出すようなマネはしたくない」と、本書の巻頭の言葉の執筆さえ固辞したそうです。2〜3時間で読めてしまう軽い本ですが、安部氏のエキスがギュッと詰まっています。私自身は、「ビジョナリー・カンパニー 」や「ブルー・オーシャン戦略 」で述べられている概念の実践例として読んでいました。吉野家のポジショニングで語られている内容はブルーオーシャン戦略そのものですし、同業他社ではなくマックやコンビニといった代替産業に目を向ける戦略もブルーオーシャン戦略の適用と見ることができます。また、「変えてはならないものがある」の章では、米国産牛肉の輸入停止時の「牛丼の販売を停止する」という決断にビジョナリーカンパニーの「基本理念」を思い出しました。頭でわかっていても、実際に行動に移せる経営者は少ないと思います。

認識論で言うところの頭の中の五感情像、同じものを目にし、同じ言葉を耳にしても、人によって頭に描く像は異なります。安部氏はアルバイトから社長まで上り詰めたため、現場〜経営のすべての局面において豊かな像を描けるのでしょう。それによって表層的な言葉の論理だけではなく、内実の詰まった戦略を描き、推し進められるのだと思います。本書を読んで、ますます安部修仁氏を好きになりました。

posted by junya at 07:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Python の比較演算子

python-mo-jp で教えてもらったのだけど、Python の比較演算子って複数並べて書くことができるんですね。

http://www.python.jp/doc/release/ref/comparisons.html

比較演算の結果はブール値: True または False になります。

比較はいくらでも連鎖することができます。例えば x < y <= z は x < y and y <= z と等価になります。ただしこの場合、前者では y はただ一度だけ評価される点が異なります (どちらの場合でも、 x < y が偽になると z の値はまったく評価されません)。


結構便利な局面がありそう。
タグ:Python
posted by junya at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

IronPython Studio 1.0

IronPython Studio 1.0 環境を構築してみた。無料で構築できる。(ただし、Express Edition の場合 商用利用は不可)

インストールするもの

OS は Windows Vista。この順にインストールしました。 Visual Studio Shell ランタイムは、「C:\VS 2008 Shell Redist」に展開後、さらに実行ファイルを実行してインストールする必要があるので注意してください。

プロジェクトの作成

「すべてのプログラム > Microsoft Visual Studio 2008 > Microsoft Visual Studio 2008」から Visual Studio を起動します。(「Visual Studio C++ 2008 Express Edition」や「Visual Studio C# 2008 Express Edition」からプロジェクトを作成しようとしてはまりました。)

IronPython IronPython2

参考情報

sohatachの日記: IronPython Studioをインストールしてみた。

タグ:Python IronPython
posted by junya at 20:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日米住宅事情

アメリカの住宅契約は「ノンリコース(借主責任限定型)」で、借主は持家と引き換えにいつでもローン残高すべてを清算することができます。つまり、諸事情によりローンが支払えなくなったとしても、家さえ手放せば、分相応な賃貸に移行して暮らしを立て直すことができます。 (参考:日経ビジネスオンライン - 日本の住宅ローンは世界から見れば変則です

サブプライム問題が表面化した当時、家を追い出された人たちのニュースを見てかわいそうだと思っていましたが、彼らは家を追われるだけで借金は残らないのですね。確かにかわいそうですが(マイナスではなく)ゼロから生活を組み立てなおせる分、まだましだと思いました。(サブプライムローンの金融商品化については別の問題がありますが、ここでは話しません。)

この「ノンリコース」の仕組みは、ただ借主のリスクを低減するだけではなく、借主がデフォルトしたときに家の価値が低ければ損をするのは銀行自身であるため、以下のような効用ももたらします。

  • 市民が家を買う時に、その金額の妥当性を金融機関が厳しくチェックする
  • 10年、20年経っても資産価値が減少しないような家づくり、街づくりが促される

それに対して日本の場合、一度家を買ったら全てのローンを支払い終えるまで、一生借金がついて回ります。デフォルトしたら家を追い出されるうえ借金が残ります。泣きっ面に蜂です。さらにローンを組む金融機関は家の資産価値には関心がないため、家の価格は売り手の言い値で決まります。日本の場合、「借手となり得る人々の平均収入を鑑みて、20〜30年のローンで支払えるような金額」が家の値段となる場合もあるようです。これは実質的な家の価値ではないため、日本では家を購入したとたんに家の価値が1〜2割下がります。これは世界でも珍しいことだそうです。

日経ビジネスオンラインの次回連載では、何故日本ではこのような住宅制度が導入されたか、を説明してくれるようなので楽しみです。

備考: シンプルなルールで全体を良い方へ導く(システム思考

今回紹介した「米国型住宅制度」のように、シンプルなルールで全体を良い方へ大きく促す仕組みが好きです。行政の果たすべき役割はこのような部分にあるのだと思います。

他の例でいえば、ドイツのエネルギー政策でしょう。ドイツでは、大手電力会社が、自然エネルギー発電(太陽光発電など)から供給される電力をある一定以上の高値で買わなくてはならないという法律があります。この法律のおかげで、発電効率の悪い自然エネルギー発電にもビジネス価値が生まれて、意欲のある人々が起業し、そこに投資する銀行や投資家が現れてきます。太陽光発電で世界No1のベンチャー「Q-Cells」も、そういった背景から生まれたのではないでしょうか。

posted by junya at 17:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

スタイルプラス パワージューサー

家電芸人でやっていたけれど、このジューサーほしい。

スタイルプラス パワージューサー

みかんとかキウイとか、そのまま放り込むと皮を取り除いてジュースにしてくれます。会社に置いてあったらいいのになぁ。
posted by junya at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

暦を利用するのは人間の知恵、ポジションが人を育てる

愛情を伝えるために誕生日をお祝いしたり、
新年に新しい目標を立てたり、
昔の日本人が元服をしたりするのは人間の知恵です。

昨日と今日で、宇宙が大きく変化するわけではありません。
でもあえてそこに暦や年齢などを持ち込み、それをきっかけとして成長できるのが人間です。

このような話を頭に浮かべるとき、空手の茶帯審査前の練習で空手部の先輩が語った言葉を思い出します。

たとえ真剣に練習しなくても茶帯が取れるかもしれない。でも、それでいいのか。
汗水垂らして懸命に練習して手に入れる茶帯と、楽をして手に入れる茶帯では中身が違う。
懸命に練習して手に入れるからこそ、締める茶帯にも価値が出てくるのだ…


道場の片隅で向かい合い、このような言葉を投げかけてくれました。

暦を利用するだけでは半分、そこに至る過程を1つ1つ大切にすればこその、人間の文化ではないかと思います。

  • もうすぐ嫁の誕生日だ、どうやってお祝いしようかな
  • きれいに部屋を掃除して新年を迎えよう


こういったことです。

自分自身、当り前のことがあまりにできていないので、自戒の意味を込めて。


なお、上述の内容とはやや矛盾するようですが、「ポジションが人を育てる」という言葉も私は信じています。
能力のある人がポジションについているのではなくて、ポジションに着いた人が能力を身につける。

君たちに幹部の器があるから、幹部にするのではない。
幹部になったら、幹部として恥ずかしくない振舞いをせよ。
そうすることで、君たちは幹部の器になってゆく。

空手時代の幹部交代式で指導者に言われた言葉です。

足りないところを指摘することはいくらでもできるけれども、当人がそれを克服できるようなポジションの与え方をすることが、上司(経営者)には求められるのだと思います。
posted by junya at 18:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

恩讐の彼方に

冬休みに菊池寛著「恩讐の彼方に・忠直卿行状記 他八篇 (岩波文庫)」を読んだ。

短い文章だけれども、描かれる登場人物の人生は深い。
人生について深く考えている人なのだなと思った。



タグ:書評
posted by junya at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

3年後の自分から今の自分を眺めると、厳しい方の道をせまる未来の自分がいる

あけましておめでとうございます。
今年のお正月は、高崎と名古屋で過ごしました。写真は名古屋のトヨタタワーです。
名古屋2009

お正月ということで、私の好きな言葉を紹介します。

「3年後の自分から今の自分を眺めると、厳しい方の道をせまる未来の自分がいる」
「カンブリア宮殿」で吉野家社長の阿部修仁氏が語った言葉です。

迷った時にはこの言葉を思い出すようにしています。 3年後に振り返った時に「やるべきこと」「やりたいこと」をしっかりやったと言えるような毎日を積み重ねたいです。

本年も、よろしくお願いいたします。

posted by junya at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。