Amazon.co.jp ウィジェット
スポンサードリンク

2009年12月23日

仕事を一日単位で区切るということ

マルチタスクで仕事が増えてくると、分単位・時間単位で仕事を切り替えることが出
てくる。せめて、日ごとに1つの仕事に集中したいと思うのだが、よく「日ごと」で
も仕事が分断されすぎると気付いた。「日ごと」に仕事を切り替えると、寝ている間
の脳の情報整理の時間を活用できないからである。思いっきり考え抜いたことが、寝
て翌日になると熟成されて、より良い成果を生むことが良くある。これを生かすには、
日をまたいで物事に取り組むことが大切になる。今日は A に集中して、明日は B、
明後日は C、という仕事の割り切り方は、現実には改善の余地がありそうである。
posted by junya at 11:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脳から筋肉への伝達経路である神経を鍛えるということ

体温を上げると健康になる」で言っている「脳から筋肉への神経を整える」という
のは、空手部でずっと練習中に言われていた「目的意識的に」練習することと通ずる。
同じ突き・蹴りであっても、拳頭、虎肢の先まで意識を集中して行うことで、神経が
鍛えられる。代々木公園で行った、樹に突進して直前でよける練習も、神経を鍛える
ものと言えそうだ。さらにこの考えは視力にも通じる。テレビが「見える」というこ
とと獲物を「見る」ということは違う。いかに早く目的のものを見つけ、行動に移る
かという脳の使い方をすることで、視神経、脳が鍛えられる。脳はもともと身体を制
御するために創られたものであるから、頭を頭としてだけ使っていても活性化されな
い。五感基幹での反映を正確・迅速に捉え、それに対する脳の指令を正確・迅速に神
経を介して末端に伝えることをしなくては、脳も神経も身体も硬直化するのみである。
空手部で言われていたように、脚で布団や道着を畳んだり、左手で食事したり、手足
を訳が分からなくなるくらいに独立に激しく動かす運動は、脳も神経も身体も鍛える
ものである。
タグ:空手
posted by junya at 11:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

Ubuntu Enterprise Coloud

Ubuntu 9.10 では Ubuntu Enterprise Cloud っていうクラウド環境を構築するオプションがあるんですね。手軽でおもしろそうです。
posted by junya at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。