Amazon.co.jp ウィジェット
スポンサードリンク

2008年08月31日

Ha Noi の食事事情

朝食は毎日ホテルだが、昼食・夕食はだいたい会社のメンバーと食べる。毎日11時頃になると、Skype でお弁当は何が良いか聞かれ、「鶏・豚・牛・豆腐」から選んで伝える。12時きっかりに昼休みになり、4階でお弁当を食べるのが日課である。ご飯にメインのおかずと野菜・スープがついて2万ドン。悪くない。お弁当でなければ、近くの食堂へ食べに行く。バイキングのような形式で、欲しいおかずを伝えたら、食堂のおばさんがご飯の上にのせていってくれる。これも2万ドン。こういうご飯に飽きたら、たまにミンチョ(春雨と野菜・肉をまぜて食べる)やブンチャ(ブン(麺)のつけ麺で、豚の角煮と食べる)を食べに行く。外で食べる場合は、大抵食後にカフェや外でチャダー(お茶)やさとうきびジュースを飲む。ベトナムの昼休みは1時間半と長いのでゆっくりできる。食後は昼寝している人が多いが、1階のQCメンバーはいつもカードゲームをやっているので、たまに果物を食べながらそれを観戦する。ゲームの名前が分からないので今調べてみたのだけれど、やはり分からなかった。セブンブリッジに似ている。

夕方は18時前にはあがって、会社の前でゆで卵や果物を食べながらチャダー(お茶)を飲む。チャダーは1000ドン。とても安い。30分ばかし雑談をしたら、気をきかせていつもCongさんが食事に誘ってくれて、フォー・ガーや焼き肉やミンチョやダックなんかを食べに行く。ほぼ毎回、Ha Noi Beer を飲む。氷を入れて飲むのが東南アジア式。ビールを入れて約4万〜5万ドン。おかげで栓抜きなしでビール瓶を開ける技を身につけた。清潔感にはやや疑問があるけれども(ベトナムの人たちも大抵、食事の前にスプーンや箸、お皿を紙ナプキンで拭いてから使っている)、肉も野菜も美味しい。ミントなどの香菜や、たれがついてくるので、それと一緒に食べる。骨なんかは、テーブルの下に落としておくと、次の客が入る前に店の人が掃除してくれる(屋外の場合)。普段はいる店もカフェも、8割方屋外である。

そうやって飯を食ってから、カフェでちょっとジュースなんかを飲んで一服して帰ると、だいたい21時か22時。日本では下手するとまだ働いている時間である。それに比べてベトナムは、とても豊かな1日だ。

※1万ドンは約65円

ベトナムでは犬肉の好きな人が多いが、絶対食べたくないと断り続けている。今日の昼食パーティは犬肉メインの店で、食べたいものがなくて最悪だった…
タグ:Ha Noi vietnam
posted by junya at 01:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105758533

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。