Amazon.co.jp ウィジェット
スポンサードリンク

2008年08月31日

Ha Noi の乗り物事情

月曜日には帰国するので、忘れないうちに書く。

バイク & 自転車

Ha Noi での移動はもっぱらバイク。会社でのバイク所持率も100%で、みんなバイク通勤。半年前からヘルメットが義務付けられて、ノーヘルで捕まるとたしか、罰金が50万ドン。結構な大金なので、みんなちゃんとヘルメットをしている。ヘルメットの色と服の色でコーディネートしている人も良く見かけ、おしゃれアイテムの1つになっている、たぶん。(ちなみに、僕がHa Noiで初めに買った物はヘルメット)。僕の場合はバイクがないので、いつも誰かのバイクの後ろに乗せてもらっている。あと、Ha Noi は空気が汚いのでマスクをしている人も多い。ただ、男性がマスクをするのが格好悪いという価値観もあるようで、マスクをするのは女性の方が多いようだ。僕に関して言えば、買おう買おうと思って、結局買い損ねた。

ちなみにバイクをベトナム語で Xe Mai という。Maiは「抱きつく」と言う意味だったかと。言葉の通り、2人乗りは当たり前、4人くらいで乗っているバイクもよく見かける。スピードはたいてい30〜40kmで、道のほとんどをバイクが埋め尽くしている。常に周りに目を光らせて、空気を読みながら運転することが必須。僕は体験していないけれども、朝夕は通勤ラッシュで大変らしい。

なお、圧倒的に数は少ないけれども、自転車もよく見かける。

バス・タクシー

外国人中心に、タクシーも利用する。初乗りが1万5000ドンくらい。5万ドンあれば10kmくらいは乗れるのではないか?日本に比べると安いけれども、他の乗り物に比べると高い。また、一度乗った時には値段をごまかされそうになった。他にはバイクタクシーやバスがあって、地元の人はこういうのをよく利用しているっぽい。バスは未経験。

列車

電車じゃなくて列車らしい。日本の電車のように電線から電力を供給しているのではなくて、列車自体に燃料を積んでエンジンを動かしている。乗ったことがないけれども、Ha Noi からホーチミンまで、1日くらいかかる。

Bac Ning (Ha Noi から約30km) 出身のある友人は、交通網がもっと整備されていたら自宅から会社まで通えるのに、と言っていた。バイクで1時間弱だとやや遠い。

自動車

SANY0057.JPG 滞在中の8月末にちょうどモーターショーをやっていた。トヨタ・ホンダ・三菱・日野・マツダなど、出展の半分は日本メーカー。他にはFordやベンツ、VietNam の車メーカーなどなど。

自動車の値段はただでさえ高いのに、税金が半端じゃないらしい。社のメンバーが教えてくれたのだけれど、2万ドルの車が、税金を含めると5〜6万ドルになる。「政府は車を増やしたくないのだ」と言っていたけれども、今の道路を見ればうなずける。これで車が増えるとどうなるのだろう?バイクと車でわけわからなくなりそう。

でも、あと5年もすれば道路事情も随分様変わりするだろう、というの が大方の意見である。自動車が少しずつ増えてくるのだろう。

徒歩

徒歩で行くことを、「ディー ボー」「ハイ カン」「カン ハイ」なんて言う。「ハイ カン」は2本の脚という意味で、文法的にはこれが正しいんだけど、「カン ハイ」とひっくり返して言うのがしゃれているらしい。
タグ:Ha Noi
posted by junya at 02:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105760507

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。