Amazon.co.jp ウィジェット
スポンサードリンク

2008年12月28日

指導とは、相手が要求するものに応えることと、相手が要求していなくとも本来要求しなければならないものに応えることとの二重性である

「指導とは、相手が要求するものに応えることと、相手が要求していなくとも本来要求しなければならないものに応えることとの二重性である」

これは社内教育についても当てはまるし、経営についても当てはまる。 社員の要望に応えることはもとより、その上を行ってこその経営者である。

引用元

タグ:指導論
posted by junya at 12:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 価値観の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111825644

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。