Amazon.co.jp ウィジェット
スポンサードリンク

2007年11月03日

Python の統合開発環境PyScripterを入れてみた

Windows上で動くPython の統合開発環境のPyScripter が気になったので、自宅マシンのVista に入れてみました。バージョンは開発版の1.9.4です。remote debugging にも対応しています。これまで何回かWindows マシンでPythonの開発をしようと思ったことがありますが、不便すぎてまともに使った試しがありません。PyScripter で打開なるか!?

まずは事前準備として、Windows 環境に Python 2.5.1 をインストール。msi なので、次へ次へで簡単にインストールできます。環境変数のPATHに"C:\Python25"を追加します。で、いつものsetuptools をインストールです。C:\tmp にez_setup.py をダウンロードして、ダブルクリック。.py 拡張子が自動的にPython に結び付けられていて、setuptools のインストールが始まります。

不安なので、C:\Python25\Scripts にeasy_install.exe 等がインストールされているのを確認しました。ここにもパスを通す必要があるので、先ほどの環境変数のPATHに、さらに"C:\Python25\Scripts" を追加しました。環境変数のPATHは、

C:\Python25;C:\Python25\Scripts"
となります。これで、コマンドプロンプトから easy_install が使えるようになりました。

で、意気揚揚と Rpyc 2.60 (remote debuging に必要)をインストールしようとしたら、Rpyc のインストールガイドに「私はsetups を信用しません」と書かれているじゃないですか〜。仕方がないので、ダウンロードしたファイルを展開して、"C:\Python25\Lib\site-packages\Rpyc" に設置しました。easy_install には、また別の機会に活躍してもらうことにします。

最後にPyScripterのインストールですが、これは簡単。サイトから最新版の実行ファイルをダウンロードしてきて、解凍するだけです。解凍したものは、 "C:\Program Files\PyScripterv1.9.4"に配置しました。PyScripter.exe をクリックすると起動します。スクリーンショットはこんな感じです。 PythonScripterScreenShot.jpg

さてさて、今日もタイムアウト。夜遅いのと、ブログ書きながらなのとで、時間がかかります。保留項目だらけですが、ちょっと使ってみます。

個人的メモ: setuptools, distutils, PEP314(追記: Draftですが、PEP345 Metadata for Python Software Packages 1.2もありました。) あたりを勉強したい。特に、setup()関数がよくわからない。pylons の中でも使われているみたいだけど、実際どういうものなの?あと、PEPの文章をreSTのまま取得するにはどうしたらいいんだろう。関係ないけど、 buildbot も気になる。


タグ:PyScripter Python
posted by junya at 03:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/64234107

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。