Amazon.co.jp ウィジェット
スポンサードリンク

2010年06月09日

AME が素晴らしすぎる件。無線スピーカー購入を慌ててキャンセル!

電機食堂さんから頂いた昨日のコメントを見て、慌ててワイヤレススピーカーの購入をキャンセルしました。AirMac Express が素晴らしすぎます。

すでにたくさんの方が書かれていますが、以下、私が AirMac Express に感動した点です。…まだ買ってもいないのですが。

  • iTunes の音を AirMac Express 経由で任意のアンプやスピーカーへ飛ばせる
  • iTunes の音だけ飛ばせる。Airfoilを使えば全ての音を AirMac Express に送ることも可能(radikoとか使う場合便利)。
  • CDデータを非圧縮で取り込んで AME に光接続したアンプに転送すれば、高級な音楽機器に引けをとらない音を出せる!?
  • 今使っているルータを AME で置き換えれば、ルータ周りがスッキリする。(無線しか使えないので注意)

一見、Mac でしか使えないように見えますが、実は Windows でも使えます。将来、アンプやスピーカーをグレードアップした際にも、そのまま使えるのが嬉しいです。

AME 単体で9000円ほどするのでやや予算オーバーなのですが、無線スピーカーを解約して慌てる必要がなくなったので、またじっくり考えてみます。

アップルコンピュータ AirMac Express ベースステーション with Air Tunes MB321J/A
アップル
売り上げランキング: 766
おすすめ度の平均: 4.5
3 初期設定が噂どおり・・・
5 これは絶対!
5 進化してました。
5 プリンタUSB接続 + お一人様無線LAN環境 + ワイヤレスBGM環境 3役OK
5 アップルコンピュータ AirMac Express ベースステーション with Air Tunes MB321J/A

余談

AirMac Express を調べ始めて初めにヒットしたのが、元同僚の運営しているエアロプレインでした^^)。彼のサイトをちゃんと見たことなかったのですが、オウンゴールの話が面白すぎ。盆栽の話にも、アルタの話にも引き込まれている自分がいて、今さらながら凄いサイトだと感動。

タグ:AirMac Express
posted by junya at 00:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

Bluetooth 対応スピーカー

この記事を書いた時には知らなかったのですが、無線で音楽を飛ばすなら断然 AirMac Express をおすすめします。理由はこちら (2010年6月19日)。

自宅のノートPCに入れてある大量の音楽をリビングで聴くのに、ケーブルが邪魔にならないワイヤレススピーカーが欲しいと思って調査開始。ネットで調べただけでは音が分からないので、新宿のヨドバシへ行って、購入候補の NX-B02, Zii Sound, Inspire S2W を体験してみました。

なお、Bluetooth 対応といってもポータブルなものではなく、普通のスピーカーで無線接続できるものという基準で選択しています。

ヤマハ NX-B02

  • 価格: ☆☆★★★ (Amazon 売切れ / 価格コム最安値 23,300 円)
  • 音質: ☆☆★★★

ヨドバシで聴いてみましたが、値段が高いわりにあまり良い音に感じませんでした。小さくて心許ない印象です。2007年の古い機種であるにも関わらず人気があるようですが、個人的には期待はずれです。

Zii Sound D5

  • 価格: ☆☆★★★ (定価 29,800円 / Amazon 27,088円/ 価格コム: 記載なし)
  • 音質: ☆☆☆☆★

店頭にはまだ出ていなかったのですが、奥からわざわざ持ってきてもらって音を聴かせてもらいました。 まめに掃除をしないとスピーカーのネット部分に埃がたまらないか心配ですが、コンパクトな割に、音が鮮明で心地よかったです。

Inspire S2 Wireless IN-S2W (14,800円)

  • 価格: ☆☆☆☆★ (Amazon 10,551円 / 価格コム: 記載なし)
  • 音質: ☆☆☆★★

Wireless モデルは置いていなかったのですが、同じ仕様の Inspire S2 を聴いてみました。 2.1ch でサブウーファーがついているので、音に広がりがある感じがします。

Bose soundlink wireless music system

天下の Bose のワイヤレススピーカーです。ヨドバシの店頭でも見かけた気がしますが聴いていません。とても値段がはるのですが、きっとこれに比べれば他のはおもちゃみたいな物なんでしょうね。

まとめ

ウーハーがついていれば良いのか、というとよくわからないのですが、 実際に聞いてみて音も悪くなかったですし、価格もそれほど高くないということで 2.1 チャンネルの Inspire S2 Wireless IN-S2W を購入しました。

なお、 Creative はこれから D100 (6,480円), Creative D200 (9,800円) と立て続けに Bluetooth 対応スピーカーを出すようです。

おまけ

今回の検討対象からは外しましたが、以下のような Bluetooth 対応スピーカーもあるようです。

  • SONY SRS-BT100 (Amazon 11,673円 / 価格コム最安値 10,926円)
    ネットであまり評判が良くなかったので検討対象から外しました。
  • ロジクール Pure-Fi Mobile PF-700 (Amazon 在庫なし / 価格コム最安値 18,800円)
    「ロジクールのスピーカー」というのがあまりしっくりこず、検討対象から外しました。 NX-B02 同様、充電して利用することも可能なので、完全ワイヤレスにするなら良いかもしれません。 あまり値段は下がっていないようです。
  • I-O DATA CPSPK/BT (Amazon 5,980円 / 価格コム最安値 5,980円)
    家で聴くためのものというよりは、持ち歩くためのポータブルスピーカーのようです。
  • バッファロー BSSP09BBK (Amazon 5,242円 / 価格コム最安値 4,848円)
    バッファローってPCの周辺機器のイメージしかないので検討対象から外しました。
  • サンワサプライ MM-BTSP1BK (Amazon 6,321円 / 価格コム最安値 5,598円)
    ポータブル性が強く、バッファローの機種と同じ理由で検討対象から外しました。
  • モトローラ EQ5 (Amazon 10,455円 / 価格コム最安値 9,939円)
    結構評判が良いみたいですね。ただ、欲しいのはポータブルスピーカーではないので、検討対象から外しました。
  • モトローラ EQ7 (Amazon 18,134円 / 価格コム最安値 15,298円)
    EQ7 と同様です。また、予算オーバー。海外ではモトローラってよく聞きますが、日本市場ではどうなんでしょうね。

※なお、Amazon や価格コムの価格は、2010年6月6日現在の価格です。

追伸(2010/06/19)

コメントで食堂さんに AirMac Express を教えてもらいました。 正直、ブルートゥース対応スピーカーを買うよりも、 AirMac Express を買った方が良いと思います。約9000円で任意のスピーカーを接続し、無線で iTunes から任意の音楽を流せます。音質も良いし、音が途切れることもなく、とても重宝しています。2004年発売後、2007年にバージョンアップしています。一見 Mac 専用の製品のようですが、Windows でも使えます。無線LANルータとしても使えるのですが、うちでは既存のネットワークにクライアントとして接続して、どこでもスピーカーを置けるようにしました。(食堂さん、有用な情報をありがとうございました。)

関連記事:

アップルコンピュータ AirMac Express ベースステーション with Air Tunes MB321J/A
アップル
売り上げランキング: 1458
おすすめ度の平均: 4.5
3 初期設定が噂どおり・・・
5 これは絶対!
5 進化してました。
5 プリンタUSB接続 + お一人様無線LAN環境 + ワイヤレスBGM環境 3役OK
5 アップルコンピュータ AirMac Express ベースステーション with Air Tunes MB321J/A

タグ:Bluetooth
posted by junya at 00:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

2010年06月04日のつぶやき

loose_agilist ようやく到着。コロプラからツイートしてみる。 #colopl at 06/04 00:50

loose_agilist 今日は大学時代の友人の帰朝報告飲み会。銀行からMBA留学して、2年ぶり?の帰国。久々にみんな集まるので楽しみ。 at 06/04 14:36

loose_agilist RT @kawango: 既存メディアにせよ、コンテンツ業界にせよ、不幸なのはネットビジネスにおいて黒船、グーグルやアップルに対抗しようにも、なにを目指して戦えば自分たちに得なのかをわからないことだな。だから一方的に攻められる。 at 06/04 14:42

loose_agilist @himanainu_kawai 昨日テレビを見たら、民主党のよかった点・悪かった点を街角インタビュー方式で報道してました。辞任決まってからじゃなくて、普段からそうしろ、っての。普天間問題だけで退陣に追い込むなんておかしい。 at 06/04 14:50

posted by junya at 00:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

2010年06月03日のつぶやき

loose_agilist 技術が発達して効率化して、便利になればなるほど失業者が増えるという矛盾。BIがこの矛盾への解決策だと思い至ったが、 @takapon_jp が一年前に似たようなことを書いていた。http://bit.ly/cXwgok at 06/03 03:09

loose_agilist 舛添氏曰く、実現可能なことだけを発言するのが政治家orz 福島氏もなんて明るい顔だろう。鳩山総理が手を尽くしても普天間の問題がどうにもならなかったのだから、共に嘆くのが筋では?腹案最低3つは駆使したと思う。 at 06/03 08:33

posted by junya at 00:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

nの階乗計算(nは任意)[2]

Python の long がそんなに賢くなかった場合どうやるべきか、ちょっと考えてみました。計算可能な数(ここでは分かりやすく10進4桁)ごとに桁を区切って計算します。

なお、階乗計算をやってみたかっただけなので加算・乗算しか定義していません。


# -*- coding: utf-8 -*-

import copy
import operator

class MyLong(object):
    """ 10進数で4桁ごとに値を保持するオリジナル数値型 """

    def __init__(self, value):
        """ 初期化
         * リスト: 4桁ずつの値リストとして扱う
         * 文字列: 数値文字列として扱う
         * 数値: 与えられた数値と同じ数として扱う
        """
        if isinstance(value, list) and self._is_valid(value):
            self.value = value
        elif isinstance(value, basestring):
            vals = []
            while value:
                if value:
                    vals.append(int(value[-4:]))
                    value = value[:-4]
            self.value = list(reversed(vals))
        elif isinstance(value, int) or isinstance(value, long):
            vals = []
            while value:
                value, val = value / 10000, value % 10000
                vals.append(val)
            self.value = list(reversed(vals))
        else:
            raise ValueError

    def _is_valid(self, val):
        """ self.value 値として妥当かチェック """
        if not isinstance(val, list):
            return False
        for v in val:
            if not isinstance(v, int):
                return False
            if i<0 or i>=10000:
                return False
        return True

    def __str__(self):
        return str(self.value[0]) + "".join(["%04d" % v for v in self.value[1:]])

    def __repr__(self):
        return "%sML" % str(self)

    def __len__(self):
        return len(self.value)

    def __add__(self, other):
        result = []
        nd = max(len(self), len(other))
        lhs = copy.copy(self.value)
        rhs = copy.copy(other.value)
        car = 0
        for i in xrange(nd):
            try:
                a = lhs.pop()
            except IndexError:
                a = 0
            try:
                b = rhs.pop()
            except IndexError:
                b = 0
            sum, car = (a+b+car) % 10000, (a+b+car) / 10000
            result.append(sum)
        if car:
            result.append(car)
        return MyLong(list(reversed(result)))

    def __mul__(self, other):
        lhs = copy.copy(self.value)
        rhs = copy.copy(other.value)

        # 筆算の各段の計算
        car = 0
        lines = []
        for i, a in enumerate(reversed(rhs)):
            lines.append([])
            for b in reversed(lhs):
                mul, car = (a*b+car) % 10000, (a*b+car) / 10000
                lines[i].append(mul)
            if car:
                lines[i].append(car)
            lines[i].reverse()
            # 次の計算のための桁揃え
            for ii in xrange(i):
                lines[i].append(0)

        # 集計(各段の和をとる)
        return reduce(operator.add, [MyLong(l) for l in lines])

    @classmethod
    def factorial(cls, n):
        """ 階乗計算 """
        return reduce(operator.mul, [cls(i) for i in xrange(1, n+1)])

こんな感じで計算できます。


    >>> foo = MyLong('123456789')
    >>> print foo
    123456789
    >>> foo.value
    [1, 2345, 6789]
    >>> a = MyLong("10000")
    >>> a.value
    [1, 0]
    >>> a
    10000ML
    >>> a+a
    20000ML
    >>> b = MyLong("123456789")
    >>> a+b
    123466789ML
    >>> a*b
    1234567890000ML
    >>> MyLong.factorial(10)
    3628800ML
    >>> MyLong.factorial(20)
    2432902008176640000ML
    >>> MyLong.factorial(30).value
    [2, 6525, 2859, 8121, 9105, 8636, 3084, 8000, 0]

ちゃんと計算できているみたいですね!

タグ:Python
posted by junya at 11:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。